鹿児島徳州会病院,糖尿病 足 予防
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

  • 鹿児島徳州会病院 けが,しびれ,床ずれ,治らない,壊死,足,傷の病院,糖尿病,切断,潰瘍のサイト

    医療法人 徳洲会 鹿児島徳洲会病院
    〒890-0056
    鹿児島県鹿児島市下荒田3-8-1
    電話 099-250-1110

    鹿児島徳洲会病院は、錦江湾に浮かぶ桜島を望む市街地(人口59.8万)のほぼ中央にあります。
    病床数310床。患者様の立場に立ち権利を尊重し安心と納得のいく医療を心掛け、
    急性期から慢性期医療はもちろん、ドクターカーによる救急現場への出動や洋上救急など、
    「出ていく医療」を展開し、近年は在宅医療や介護事業などにも力を入れ「救急から介護まで」
    トータルな医療サービスを提供しています。
    鹿児島の創傷ケア外来の患者様は、離島が多いことなどから遠方からご紹介頂けることが多く、
    通院が難しいため入院治療がほとんどです。
    また、鹿児島の食文化が、他県の方々からよく聞かれる「醤油が甘い」と言われるように、
    全体的に料理が『甘からく』そのためか糖尿病の羅患率が高く、糖尿病性潰瘍や糖尿病性閉塞性動脈硬化症の
    患者様が多い傾向にあります。
    循環障害の方に対し、心臓血管外科医師にて血管治療が行われ、血管外科医師によるデブリードメント・植皮などの
    創治療が行われております。
    ほか、高気圧酸素療法・ASケア・フェルト・ダルコシューズ・弾性ストッキングなどを利用しながら、日々治療を行っております。
    従来は治療が難しいとされていた足の慢性創傷(治りにくい傷)ですが、専門医を中心としたチームによって適切な処置を施せば、
    その治療は決して不可能ではありません。
    長期に渡って慢性創傷に悩んできた方も決してあきらめる必要はありません。


    最善を尽くした治療をしても、足が壊疽化し保存的治療しか方法が残されていない場合があります。
    この場合、感染に注意し、感染が起きた場合すぐ対処する治療方針に移ります。

    保存的治療 Palliative Care
    ケーススタディ
    患者病歴
    78歳女性、重度虚血下肢、軽度高血圧、脳梗塞で車椅子生活、ほぼ全介助。
    去年末に左足の親指先を靴擦れで外傷、その後、親指先が壊死。

    感染
    感染兆候は無しとの判断。レントゲンでは骨溶解なし。悪臭なし。

    創傷
    創傷は乾燥してドレナージはなし。疼痛は多少あるが鎮痛剤は不要

     
    治療方法
    血管外科はこれ以上のインターべンション(下肢バイパスやPTAなど)は非常に困難である、との判断。
    患者や患者の家族もできれば治癒を、と希望している。
    アンギオ写真によると、下肢の動脈塞栓は重度で、SPPも膝下で20 前後、
    創傷を“完治”という目的でオペするならAKA(大腿切断)が最適との判断。
    患者と患者の家族は、以上の主治医・血管外科医のアドバイスを受け、“保存的”な創傷治療への移行を希望した。
    現在は4週間毎に感染のモニターを創傷ケアセンター外来でチェックしながら、入院中の看護施設ではヨード素ジェル(イソジンジェル)を1日1回塗布して創傷部を乾燥させ、無菌状態を保ちながら、感染の有無を看護師にチェックしてもらっている。

     

    上記のケースを考えて見ましょう。
    この患者に対して、AKAを勧めるのは“正解”でしょうか? 
    この患者のADLは低く、基本的にベッド→車椅子→ベッドの全介助の生活です。
    また、脳梗塞で下肢は拘縮したまま動かせず、どんなにリハビリをしても、AKA後に義足をつけて歩行する
    というのは現実的ではありません。
    現在の時点では、創傷感染の徴候はみられず、早急な下肢切断は必要なし、と思われます。
    この患者の余命、QOLを考えると、AKAは必ずしも患者のためにベストな選択ではないと考えられます。 

     

    保存的創傷治療のバックグラウンド:

    皮膚は人間体内で最大の組織です。高齢者に肝不全や腎不全がみられるように、高齢者・糖尿病患者には皮膚不全 ⇒ 創傷、とくに褥瘡(じょくそう)は頻繁に起こります。
    一般的に老人ホーム患者の1/3は創傷・褥瘡があるとみられており、最近の調査では1609人の老人ホーム患者の内、14.7%は完治しなかった創傷とともに死亡しています。(Mitchell 2004, Arch Intern Med) 

    Palliative Care 、保存的な創傷治療とは何か?

    米国では“Palliative Care”と言う言葉は、ホスピス ケアとも呼ばれ、主に末期の癌患者などの為に、病疾患の完治が目標ではなく、疼痛のコントロールを目的とした鎮痛剤(モルヒネ)の静脈点滴治療の際によく使われます。
    創傷ケアにおける“Palliative Care”は保存的治療と日本語訳できますが、いわゆるホスピスケアとは大きく違いがあります。
    創傷ケアにおける保存的治療は、単純な非外科的治療とは異なり、創傷患者のQOLを最重視した治療方針であります。
    基本的に創傷ケアに関わる医師・看護士は、感染や下肢切断を防ぐ為に“1日でも早く”創傷完治を目指し、積極的にデブリードメント、植皮、皮弁などの外科的治療を行います。対照的に、創傷ケアにおける保存的治療とは、完治が非常に困難と思われる創傷に対して、大掛かりな外科オペは避け、故意に消極的な治療法を施すことを指します。

    完治が困難である創傷のケースとしては、

    (1)患者の全身状態・栄養状態が極めて悪い
    (2)重度虚血下肢で血流が不足しており、血流再建も困難、または危険すぎる。
    (2)脳梗塞などで四肢が膠着し除圧が困難、リハビリのポテンシャルも低い。

    などが考えられます。

    保存的創傷治療のゴールは:

    疼痛の緩和・コントロール
    感染の予防
    創傷ステージの悪化(創傷深度)の回避

    と定義できます。(Ennis 2005, Wounds) 
    保存的創傷治療へ移行するという治療方針の決断は、患者、患者の家族、主治医(創傷ケア医師)、外科医による会議・意見交換により行われるべきです。
    医療関係者にとって最も重要なのは、“保存的創傷治療”とは、俗に言う“サジを投げる”という行為とは違うということを、患者と患者の家族に理解してもらうことです。米国での最近の研究では、保存的創傷治療法へ移行した患者の中でも、40%近くの慢性創傷患者が完治・もしくは治癒傾向になった、という統計もあります (Tippet, 2005, Wounds)。
    つまり、保存的創傷ケアは、困難な状況にある患者の立場を考慮しての治療方針であり、創傷ケア関係者にとっても、創傷を完治できなかったという“敗北”ではなく、多数ある治療法の1選択に過ぎないのです。

     

    The Symposium on Advanced Wound Care
    Fall 2010

    毎年春・秋の2回開催される米国最大の創傷ケアの学会で、創傷ケアの最新技術、被覆剤などの情報を入手することができます。
    今回は2010年秋に訪れた時の記録をご紹介します。最新の開催日に関してはhttp://www.footcarenow.org/hot_topics/hot5.htmをご参照ください。

     

    2010年9月23日から25日カリフォルニア州アナハイムにて開催されたSAWC FALLにいってまいりました。
    持続陰圧吸引の製品は、1年前の学会では、10社以上から製品がでていましたが、今回はわずか5社に減っていました。
    売れない会社の製品は、自然淘汰された可能性があります。ケーシーアイ日本法人のVACとして日本市場にも進出をはたしたKCIの最新の製品としては、術後縫合部の浮腫が予想される場合に使う製品が紹介されていました。吸引ポンプ部分は使い捨てで、吸引部の皮膚にあたる部分にメッシュがかかっており、125mmHgで吸引し、3日おきに吸引分のスポンジを交換します。

    被覆材は、ありとあらゆる種類がでていますが、創傷の上にのせるシートではなく、粉が創傷の上にのるとシート状に変化する高親水性のポリマーがありました。この利点は、創傷のでこぼこ部分にもぴったりとくっつくということです。

    シルバーが含まれる被覆材もさらに増えていました。被覆材を作っている会社の製品のうち、必ず1つはシルバーを含む製品があるというほどの勢いでした。
    被覆材の形にも工夫が凝らされています。体の部位にフィットするようにカットされています。

     

     

     

    胼胝(たこ)の注意点

    糖尿病があり、足に胼胝(たこ)があるのに、
    痛くないので放っておいてはいませんか?

    もし足の感覚がなくなる末梢神経障害
    (まっしょうしんけいしょうがい)も
    併発している場合は、足に胼胝があっ
    ても全く痛くない可能性があります。

    しかし硬い胼胝を放っておくと、
    それが石のように働いて皮膚の下の
    組織を痛めてしまいます。
    胼胝の下に皮膚潰瘍(かいよう)が
    できているのに、知らないだけかも
    しれないのです。

    ある調査によると、糖尿病性足潰瘍の233件のケースの内、
    なんと82.3%は胼胝が原因でした。

    糖尿病があり足に胼胝がある人は、フットケアクリニック、または皮膚科で胼胝削りをしてもらいましょう。

    もし、胼胝の下に皮膚潰瘍ができていたら、創傷ケアセンターに相談してもよいでしょう。

    参照:Outpatient Care and Morbidity Reduction in Diabetic Foot Ulcers Associated with Chronic Pressure
    Callu s, Ronald A. Sage, DPM, Julie Kate Webster, DPM and Susan Gross Fisher, PhD
    Journal of the American Podiatric Medical Association Volume 91 Number 6 275-279 2001

     

     

    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る